相続のもめ事から解放される

弁護士と天秤

相続の際はプラスの遺産を受け継ぐことも多くなっていますが、逆に借金などマイナスの遺産のほうが多い場合もあります。そして、受け継いでしまった場合はその借金を返していかなくてはなりません。マイナスの遺産があっても、プラスの遺産が多くある場合もありますが、借金がかなり大きいという場合は受け継ぐべきかどうかで悩むところです。借金を受け継ぎたくない人や相続のもめごとに巻き込まれたくないという場合は、相続放棄の手続も検討したいところです。相続放棄とは、その名前の通り、相続を放棄するための手続です。こうした方法を選べば、マイナスの遺産が多くある場合もそれを受け継ぐ必要はありません。そして、この場合はマイナスの遺産だけではなくプラスの遺産があってもそれを受け継ぐことはできませんので、慎重に考えていきましょう。相続財産がどれだけあるかがわからない場合は、まずは財産状態を調査することになります。プラスの遺産がいくらあるのか、借金はどれだけあるのかをしっかりと調べ、その後の対策を考えていきましょう。

取り消すことはできない

商談

相続放棄を行ったあとに、実はプラスとなる遺産のほうが多いということが発覚する場合もあります。そのような場合は、相続放棄を取りやめたいと考える人もあるかもしれません。相続放棄の手続をした場合は、原則としてそれを取り消すことはできません。勘違いであっても撤回はできませんので、手続は焦らず慎重にすることも大事です。とはいえ、いつまでもゆっくりと考えて良いのかとなるとそうではありません。相続放棄は相続が始まってから3ヶ月以内に裁判所へ申請する必要があります。それゆえ、それまでにはしっかりと必要書類を用意しておく必要があります。こうした手続は本人が行うこともできますが、より確実なものにするのであれば弁護士に依頼することがおすすめです。そして、依頼する場合も、相続問題に強い弁護士であるかどうかを確認しておきましょう。相続に関する相談は、無料で対応してくれる法律事務所もありますので、まずは気軽に悩みを相談しましょう。順調に手続をすすめるためには注意点もあります。勝手に被相続人の財産を使用する、処分するなどの行為があった場合は相続放棄ができなくなる可能性もありますので、遺産には手を付けないことも大事です。そして放棄をすると相続の順番が変わり、それが元でトラブルになる可能性もあります。それゆえ、遺産を受け継がないのであれば、それをほかの相続人にも伝えておきたいところです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3